FC2ブログ

日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

17世紀ヨーロッパ絵画展(ルーブル)


今日は、友人とルーブル美術館 展を見てきました。
場所は、JR上野駅からすぐのところ、
国立西洋美術館です。

レンブラント、フェルメール、ルーベンス、ブッサンなど
17世紀の絵画が展示され
3つのテーマに展示が分かれています。

?黄金期の世紀とその影の領域
?旅行と科学生命
?聖人の世紀、古代の継承者

出店数71点なので見ごたえがありました。
中でも私が印象に残っているのは、
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『大工ヨゼフ』
幼子キリストが持つ蝋燭が、
左手を透かして見え、養父ヨセフの顔の描写も絶妙。
静物画は、さくらんぼやブドウなどの素材が
本物以上に瑞々しさを感じて凄いなぁと思いました。



関連記事
スポンサーサイト



【 2009/05/14 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL