FC2ブログ

日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

和紙の世界


今日は、お友達と横浜そごう美術館で開催されている
『堀木エリ子の世界展ー和紙から生まれる祈り』を
みてきました。
見ての感想なんですが、和紙に対する認識が変わりました。
和紙といえば、時間が経つと変色するとか破れやすいという
イメージを持っていた私なのですが、違うんですね。
和紙が生み出す独特の柔らかい手作り感のある風合いは、
そのままなのですが、様々な技術を駆使して、
丈夫で変色のしにくいものへと進化していました。

作品は、どれも手がこんでいて、職人技だと思いました。
堀木さんの作品は
和紙で作られたミッキーマウスのオブジェや
隠れミッキーのオブジェ、
卵型やハート型のオブジェといった小さなものから
和と洋が融合したようなシャンデリア、
そして、壁面を覆うような大きなものまでが展示されていて
その中にいると温か味を感じました。
決して派手なものではありませんが、上品なものばかりです。

堀木さんが作る和紙の製作過程もパネルで、
とても興味深くみることができます。
力仕事なんですね。

今度どこかで、堀木さんの作品を見たら、きっと親近感がわくような
気がします。

関連記事
スポンサーサイト



【 2007/11/21 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL