日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

降り続く雪

2月最後の日は、雪になりました。





雪が積もった竹が重たそうにしなっています。
スポンサーサイト
【 2012/02/29 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行 ?現代アートのTATEモダン

THE WALLACE COLLECTIONを見学して
外に出たころには、日が暮れかかっていました。
次に向かったのは、現代アートが展示されているTATE MODERNです。

入館料は無料。
金曜日と土曜日は、22時まで。

TATE MODERNに着いて、まず、素敵だと思ったのは、
テムズ川を挟んで、建っているセント・ポール寺院が
ライトアップされてとても美しいこと。

この景色は、TATE MODERNの最上階(7階)のレストランからも
眺められるので、時間があれば、レストランで
景色を眺めながら、もっとゆっくりしたかったです。

↓こちらはTATEMODERNの入り口。


ピカソやアンディ・ウォーホルといった馴染みのある作家さんの作品もあれば、
いろいろ。



日本人アーティストのKUSAMA(草間 彌生くさま やよい)さんの
作品展もありました。


朝早くから、夜まで、見て回った、フリーの一日でした。
【 2012/02/28 】 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン旅行 ?ケンジントンパレスとアフタヌーンティ

マーケットめぐりを終えて、
次は、ケンジントンバレスへ。
故ダイアナ妃が散歩したというお庭を拝見したくて
訪ねてみました。


しかし、宮殿は、工事中で、遠くから眺めただけでした。

池には、野鳥がたくさん飛来していました。

イギリスにきたら、してみたかったのは、アフタヌーンティ。
現地ガイドさんに、良いところはないか尋ねたら、
THE WALLACE COLLECTIONの中のレストランは、雰囲気が良いよ。」と
教えてくださったので、行ってみました。


レストランは、いっぱいの人で、確かに人気がある
お店みたいでした。
アフタヌーンティを頼むと、お茶の種類を聞かれ、
オレンジブㇿッサムを注文しました。

お茶が鉄瓶に入っていたので、少しびっくり。
オレンジの香りがする癖のないお茶でした。

一番上にスコーン、
真ん中が、マカロンやお菓子
下がサンドウィッチになっていました。

上から写すと

上の段にスコーンにつけるジャムとバタークリームが
のっています。

お値段は、サービス料を入れて、二人で35ポンドを少し切る感じ。
一人17〜18ポンドくらいでしょうか。
スコーンが美味しかったです。

アフタヌーンティのあとは、THE WALLACE COLLECTIONを
見て回りました。
拝観料はかかりません。






なんだかベルサイユ宮殿のような雰囲気だと思ったら
コレクションで並べられているものは、
フランスのものが、ほとんど。
写真は、一部ですが、このような調度品が並べられたお部屋が
たくさんあって、見ごたえがあり、良いところした
【 2012/02/27 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行 ? マーケットめぐり

再び地下鉄で移動。

乗り換えで降りた駅のモザイクがポップ。


ロンドンの地下鉄は、日本の地下鉄の車両より
幅が狭いので、向かい合った席の距離が近かったです。

丸い地下道が可愛く感じました。

地下鉄に乗っていて、日本と違うと思うのは、
乗っている乗客の言葉が、
英語だけでなく、フランス語、イタリア語、韓国語・・・
と様々。
いろんな国の人が乗車しているのだと感じます。
という私も娘と日本語の会話でしたが・・。

CAMDEN TWON駅で下車。


ザ・スティフルズ・マーケットに向かって歩きました。


まだ時刻が、早かったせいか、閉まっている店が多く
個性的な看板が目を引きました。


ザ・スティフルズ・マーケットに到着。
ファッションやアクセサリー、雑貨の店が多く、
若い人向けのマーケットですね。
何か買おうかと、見て歩いたけど
日本でも買えるかなと思って、
結局何も買わず、地下鉄の駅を目指して歩きました。

壁に描かれた落書き?がアートでした。

地下鉄ノッティングヒルゲート駅で下車して
ポートベロー・マーケットへ。

凄い賑わいでした。

ファッションや雑貨ものから高価なアンティークの品まであります。
簡単に食べれる屋台も出ていて、大道芸の人もいました。

こちらは、映画「ノッティングヒルの恋人」で舞台になった
本屋さん。

こちらも賑わっていました^^




【 2012/02/26 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ロンドン旅行 ? アビーロード

ロンドンにもとって再びイビス・アールズコートホテルに
泊まりました。
窓から遠くに見えるチェルシーホーム。


フリーの日は、地下鉄に乗ってロンドンの街を観光。

EARL'S COURT駅の券売機でワンデイトラベルカードを買いました。

ゾーンごとに値段が違うのですが、1〜2ゾーンが
一日間乗り放題で、7ポンド。
乗り越しはできませんが、街を見て歩くのには、とても
便利でした。




GREEN PARK 駅で乗り換え



ST.JOHN'S WOOD駅で下車。

朝一番に向かったのは、ビートルズのアルバムで有名なアビーーロード。

なんだか風景が違うと思ったら、方向が逆

冬なので、木の葉が落ちてすっきりした感じでした。



そばにあるアビーロードスタジオ

ビートルズのイラストが可愛かったです
【 2012/02/25 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行 ? バースとストーンヘンジ

朝食を済ませて、8時半にバスに乗って出発。
バースへは、約128kmの道のりでした。
ロイヤルクレッセント

大きく弧を描く三日月の建物。
クロワッサンは、三日月形に作るフランス発祥のパンでよく知られて
いますが、このクレッセントも三日月形からそう呼ばれる
みたいです。


バース寺院

拝観料は、かかりませんが、気持ちだけ寄付して
見学させてもらいました。


街を散歩。


花が咲く時期は、有料の公園BATH IN BLOOMも
今の季節は、無料で入れました。

この橋の形状が変わっているというので
ガイドさんに「見とくといいよ。」と言われ見に行きました。
イタリアのフィレンチエにもこんな感じの橋が
あったような・・



不思議の国のアリスを連想させる可愛いお店。


ジェーン・オースティンセンター。

お昼は、BRASSERIE BRUNELでフィッシュ&チップス








昼食後、約58キロの道のりでストーンヘンジへ。

古代のストーンサークル。
紀元前3000年から1600年の間に発展し
夏至の日の出と冬至の日没の方角指すように
整列されていますが、建造目的は、未だ謎だそうです。




完成形は、こんな感じらしいです↓


この日は、この後ロンドンに戻りました。

【 2012/02/25 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行 ? マナーハウスに泊まる

コッツウォルズを観光した夜は、
ビルズレーマナーに泊まりました。

窓からの景色


部屋の中


G階


朝食のメニューは、充実していました。
食べたいものを好きなだけお皿にのせていただきました






着いたのが遅かったので、朝食後、
お庭を散歩しました。







花が咲く季節なら、もっと素敵だったのでしょうね。

この後、バスに乗って、世界遺産のバース観光へ。


・・・・・・・・・・・・・・・
マナーハウス (manor house) は、
中世ヨーロッパにおける荘園(マナー)において、
貴族やジェントリに属する地主が建設した邸宅。
マナーの語源はマンション(mansion)と同一であり、
どちらも領主などが「滞在する」という意味のラテン語 manēre から
派生した言葉である。《ウィキペディア》より



【 2012/02/24 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ロンドン旅行 ?  コッツウォルズ地方とストラートフォード・アポン・エイボン

ロンドンに着いた翌日、
9時にバスに乗って、コッツウォールズ地方へ向かいました。
ロンドンからコッツウォルズまでは、約146kmです。

車窓を見てると、羊や豚などが放牧されていて、長閑な景色が続いていました。

途中、WELCOME BREAKと書かれた
サービスエリアで休憩。


コッツウォルズのバイブリー

川の水が澄んでいて美しく、スノードロップの花が咲いていました。


最近は、リタイア後、住み慣れた家を売って住まれる方が増えているそうです。


教会






ボートン・オン・ザ・エイボン


ランチは、Old Manseで。


メイン料理が2つで9.95ポンドという看板につられてはいりました。



roasted tomato and smoked garlic farm-assured chicken


hand-battered haddock & chips

再びバスに乗って、ストラートフォード・ァボン・エイボンへ。

シェイクスピアの妻、アン・ハサウエイの家。
かやぶき屋根になっています。
そして、黒い梁は、オークの木が使われているそうです。


シェイクスピアの生家。

夕食は、MARLOWE'S RESTAURANTでローストポーク。





デザートのフルーツは、缶詰を開けたような感じでした。




この日の宿泊は、マナーハウスのビルズレーマナー。
【 2012/02/23 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行 ? アールズコートとヴィヴィアン1号店

ロンドンについたのは、夕方。

ヒースロー空港からバスへホテルへ。

イビス ロンドン アールズコートに泊まりました。




朝食は、ホテル1階のThe Geroge Dragonで。


ホテルの窓から、アールズコートの街並みが見えます。
遠くには、チェルシーのホームグラウンドも見えました。


朝食を済ませて、街を散歩。


公園の遊具が、ちょっとお洒落^^



娘がヴィヴィアンの1号店を見たいというので、
ついていきました。

まだ早いのでお店は閉まっていましたが、
文字盤の数字が13時まであって

時計の針が、くるくる反対周りをする時計を見たのは、初めてでした。
時計の針の回る速さにびっくり。
もちろん時間は、あっていません
【 2012/02/22 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

ロンドン旅行とオーロラ

今日、ロンドンツアーから帰ってきました。

ロンドンと日本の時差は、−9時間。

だから、少し眠たいです。



こちらは、帰国前にヒースロー空港で撮った
ヴァージンアトランティックの飛行機です。


真っ赤なユニホームのキャビンアテンダンスさんが
印象的なヴァージンアトランティック。

添乗員なしのtrapicsイギリス7日間のツアー
に参加したのですが、
現地でガイドさんがサポートしてくれるので、
楽しく観光できました。

お値段は、燃油サーチャージ込みで12.98万円ですが、
別途海外空港諸税等がかかりました。

帰りの飛行機の中、キャビンアテンダンスさんが、
オーロラが出ているみたいだと教えてくださったので、
ブラインドを開けて、外を眺めました。





デジカメで撮ってみたけど、
窓に光が反射して難しいですね。

でも、初めての体験に、興奮しました。

コッツウォルズ地方やバース市街観光、
ストーンヘンジなどを見て、
そのあと、オリンピック前のロンドンを
見て歩きました。

歩きすぎて、足が痛くなりましたが、とても楽しめました。

その模様は、また次回に。
【 2012/02/21 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

明日から

明日から、娘と旅行。

しばらくブログをお休みしますが、
帰ってきたらまた、よろしくお願いします。

【 2012/02/14 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

春が待ち遠しくなる景色

今は、一年で一番寒い季節ですが、
この寒さを乗り切れば、新緑と花が美しい季節。

梅、桜と咲くと次は、チューリップやバラ
紫陽花・・・今が寒いだけに春が待ち遠しいです。


こちらは、横浜山下公園。


横浜公園のチューリップ。




暖かくなったら、花を撮りに出かけたいです。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
【 2012/02/13 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ぐるっとパスで美術館巡り(東京)

今日は、東京駅で下車。
一人で美術館巡りをしてきました。

鞄の中には、ぐるっとパス。

1冊2000円で最初に使った日から、2か月間有効です。
美術館の入場券や優待券が、冊子になっています。

最初に訪ねたのは、ブリジストン美術館。



パンフレットの女性の絵は、パブロ・ピカソです。
キュビズムとは違うピカソの絵に会えます。


モネ・セザンヌ・ルノワール・コロー・マネーなど
印象派の画家の油彩がならび、見ごたえがありました。
また、企画展とは別に、コレクション展示には、
エジプトのレリーフやセクメト神像などがあり、興味深かったです。

東京駅のJUNOESQUEのベーグルカフェで
一休み。

ストロベリーサンド 880円です。


次は、東京国際フォーラム地下一階の相田みつを美術館を
訪ねました。





相田さんの詩を読んでいると、
固くはりつめた心を、ほぐしてくれるような感じがしました。

最後に訪ねたのは、三井記念美術館。



日本橋三越の隣にあります。



歴史を感じる重厚な雰囲気の美術館でした。



三井家の茶道具や「鳥類真写図巻」などが展示されて
いました。


帰りは、お隣の三越でMeister JUHHEIMでアップルパイを
お土産に買いました。
気に入ったのは、ホールの形。
しつこくない甘さで美味しかったです。


次回は、上野方面をぐるっとパスで回りたいです。
【 2012/02/11 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

バラ色の人生

今日は、友人のお誘いで
三菱重工横浜ビル・横浜美術館となり みなとみらい駅から徒歩5分の
住宅展示場・ミサワホームで行われた飯野晴子さんのお話を
聴かせていただきました。

飯野晴子さんは、PRプロデューサーで、
その当時、男性が多い広告代理店営業という分野で
女性として活躍された方です。

お話のテーマは、「バラ色の人生」。
ロエベ、フェラガモ、ポルシェ等数々のブランドを手がけた話や
バック ストリート・ボーイズの100時間 で世界6大陸を回るツアーで
日本を担当した話。
そして、退職後の現在、海辺の自然に囲まれた暮らしなど、
今もポジティブに生きている姿がとても魅力的に
感じました。

また、幅広い経験からくるお得情報も紹介していただけました。
たとえば、マンダリンオリエンタルホテル38階
男性トイレの目の前には、スカイツリーが眺められるとか
アジアンインスパイアダイニング 「ケシキ」は、
素敵なレストランで、スパも良い・・・
現在、建て替え中の大手町パレスホテルのマロンシャンテリーは、
美味しいなどです。

男性トイレは、私には入れませんが、
マロンシャンテリーは、機会があれば、ぜひ食べてみたいと思いました。

お土産にダヴの商品をいただきました。


今日の、みまとみらいは、空気は冷たいものの
青空が広がっていました。




飯野晴子さんのブログは、こちら
【 2012/02/09 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

雨の週明け

受験シーズン真っ只中の週明けは、
冷たい雨の一日になりました。
明日も雨模様のお天気のようですが、
気温が上がって暖かくなるみたい。

東京・ミュージアムがまわれる「ぐるっとパス」(2000円)という
チケットが一冊になったものを子供が買っていました。
最初に使ってから2か月間が有効期限で、
早くしないと使えなくなってしまうので
忙しくて回っていられない子供の代わりに
私が、少し回ってみようかと考え中。

行くならやはりお天気が良い日がいいのだけれど、
いつにしようか天気予報を見ながら思案中です。


【 2012/02/06 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

早いもので、もう2月

昨年は、3月に大きな震災があって、しばらく余震が
続いていたものの、揺れなくなったら、もう防災のことなど
頭の片隅に片付けられてしまうところでした。
ところが、元旦から小さな地震があって、
おまけに首都直下型の地震が4年間のうちに
70パーセントの確率で起こるかもしれないという報道に
買い置きしていた水が使って無くなっていることに不安を感じ、
今日は、水を1ケース(2Lx6)買いました。

もし何かあったら、あっという間に
また、スーパーから水をはじめいろんなものが
姿を消してしまうんだろうと思います。

大きな災害は、起こってほしくないけど、
起きた時の備えは、やはり必要ですものね。

【 2012/02/05 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

毎日のスキンケア

私の毎日のスキンケアは、朝の洗顔に始まり、
化粧水・美容液・晴れている日は、日焼け止めクリームといった感じです。

空気の冷たさと乾燥を感じる季節ですので、
外気の刺激から肌を守ってくれ、安心できる成分配合のものを
使いたいと思っています。

3月2日(金)に全国発売になるオリジンズの新ブライトニングケア
アンドルー・ワイル フォー オリジンズ ブライトは、
配合成分が魅力的です。
ビタミンCを豊富に含む十六夜薔薇・
薬用植物として漢方などでも使われている芍薬、甘草などの
14種類の植物成分、そして8種類のエッセンシャル オイル ブレンド
(ローズ ・ ジャスミン ・ イランイラン ・ スィートオレンジ ・
ゼラニウム ・ チュベローズ ・ バイオレット ・ クローブ)が
含まれています。

オリジンズ
植物の力を活かして、明るく輝く肌へ導いてくれるそうです。

自分の肌に触れ、その些細な変化に気づくこと。
心地よい香りに、身を委ねること。
そして、植物のいのちに想いを馳せることー。


これが、製品共同開発に携わった、統合的アプローチの
第一人者アンドルー・ワイル氏の提案です。
オリジンズ

発売を記念してオリジンズ ウエブ キャンペーンをしています。
これは、2月3日から3月1日までの間、
抽選で新製品の美容液現品が10名様に当たる
プレゼントキャンペーンです。

Wチャンスがあります!
応募完了後、キャンペーン情報をフェイスブック、
ツイッターで紹介しますと、
新製品 美容液のデラックスサンプル(15mL)が
50名様に当たります。

ご興味をお持ちの方は、チェックしてくださいね。



この記事は、レビューブログからの紹介で書いています。




ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
【 2012/02/03 】 未分類 | TB(0) | CM(0)