日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨコハマトリエンナーレ

11月6日まで行われている現代アート展

ヨコハマトリエンナーレ2011

ー世界はどこまで知ることができるか?ー

横浜美術館会場へ行ってきました。

イン・シウジェンのワンセンデンス

上着から下着まである一人の着衣をリボン状に切り
巻いたものが、108人分並べられて
置かれていました。
一つの一つの色合いは、違うのに
並べられたものを、上から見ると綺麗な色合いに
見えました。

人間一人一人の、個性もそれそれ違っているから
それが組み合わさると素敵なものになるのかなと
思いました。


壁の金色の作品は、
富井大裕さんのゴールドフィンガー

金色に光るのは、壁に刺した画鋲なのだそうです。
遠目で、金色に輝いて美しいと思っただけで
近づいて見るのを、うっかり忘れてしまいました。
残念です。

手前の作品は、ウィルフレド・プリエトさんの
One

2800万個のイミテーションダイヤの中に本当のダイヤが
1個だけあるそうです。


一個の本物のダイヤがどこにあるのか
まったくわかりませんでした。

岩崎貴宏さんのアウトオブディスオーダー

髪の毛とほこりから作られているそうです。

非常に小さな作品なのですが、
二階の回廊から望遠鏡で覗きます。

あの細い髪の毛をどうやって固めているのか
気になります。
まさか髪の毛だけにワックスだったりして。
スポンサーサイト
【 2011/10/23 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。