FC2ブログ

日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2006年11月 】 

東大・朝日『情報革命と人類の未来』


アスパラクラブの東大・朝日『情報革命と人類の未来』の聴講券が当選したので、
昨日は、東大に生まれて初めて行ってきました。
時間があったので、初めてたずねる東大のキャンパスを散策
建物は、古いのだけど、中は、とても綺麗

シンポジウムの場所は、安田講堂でした
この安田講堂の周辺の校舎には、ドトールコーヒー(DOUTOR)や
ローソンもあって、便利です。

シンポジウムは、最初に、東京大学総長の小宮山氏が、
20世紀は、インターネットという便利なツールによって、
知識がとても増えた時代であり、
その反面、知の部分が増えすぎて、全体像がつかみにくくなってきたことを、
説明してくださり、大学としては、知の構造化をしていきたい・・・
といった基調講演をしてくださいました。

また、大阪大学総長の宮原氏は、
情報技術革命の光と影という観点から
2003年以降、情報が爆発的に増えた事から、検索に費やす時間が
仕事の30パーセントを占めたり、
複雑な質問の50パーセントが見つからない状態であり、
75パーセントの人が、自分の問題を家族よりWebに訊ね、
面と向かった人間同士の
コミュニケーションの希薄さの問題指摘がありました。

他にも、シンガポール国立大学学長・御茶ノ水女子大学学長・
前スイス連邦工科大学学長・カリフォルニア大学副学長の
方々が、それぞれの立場からの、テーマに即した
興味深いお話を、聴くことが出来ました

確かに、私が自分のPCを買った(2002年)頃に比べ、
情報の量は、格段に増えているなぁって実感しています。
検索エンジンで調べると、検索結果も豊富になっていて、
調べたいことに行きつくのに
時間がかかることもあります。

情報ランキングは、閲覧数とそのページのリンク数によって決まるらしいですね。
このまま、毎日、情報が増えていったらどうなるんだろう?・・

もう少し整理してみれるシステムがあれば、嬉しいですね。



スポンサーサイト



【 2006/11/19 】 東京 | TB(0) | CM(0)