日々の風景

いろいろなクイズに参加しています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

海江田万里さんの講演を聴きに行ってきました〜。

場所は、横浜の新都市ホール(そごう9F)、朝日新聞社主催の企画で、海江田さんのお話が聴けるという葉書をいただいたので行ってきました。
私の記憶が正しければ、朝日新聞のアスパラクラブにネットで応募したものが当たったのだと思います・・・
テーマは、『今後の日本の景気・税金・年金の見通し』に、なかなか興味深い話をして下さいました。
日本の景気は、アメリカにとても作用されていることから始まって金利の事。最近金利が解除されましたが、そのことも話題にされていました。
今回の0金利解除、日銀の発表より早く市場が動いて、銀行の金利が上がったことは、今までと違う経済の動きですが、その、金利、今年の10月以降また上がるのではないかという見方があるようです。
それから、最近聞かなくなった『公定歩合』という言葉、バブルがはじけて公定歩合が下がる一方の時は、よく聞きましたよね。
海江田さんが話していらしたことの中で『公定歩合』という言葉、今は、『補完貸付金利』というのだそうです。
そこでネットでこの二つの言葉がないかと検索してみました。
それによると、公定歩合は、平成13年(2001年)3月に導入された補完貸付制度(金融機関が、一定の条件のもとで、あらかじめ差し入れた担保の範囲内で日本銀行から借入を行うことができる制度)に適用される金利となっており、金融市場における短期金利(コールレート)の変動に上限を画するという機能を担うようになっています。
なにやら複雑な内容?私の知らないところでいろいろ制度が変わってきているのでしょう。
話題が今後の日本ということに移った時、日本の経済は、リストラが進んだ企業の業績の良さに裏付けされ、順調だけれど、今後5年は、納税の嵐が吹くとか・・・
?消費税率up
?相続税up(基礎控除の減額)
?退職金所得課税up
以上の3点の可能性を指摘されていました。
団塊の世代の退職金ってきっと多いのでしょうね。
偉い人は、いろんな所から税金をとることを考えるものだ思いました。
サラリーマン家庭の我が家は、なんか取られてばかりいるような気がしなくもないです。(;´д`)トホホ
海江田さんは、税金のない社会の事を少し話しておられましたが、そういう社会、なって欲しいものです。
せめて、快く税金が納められる社会に・・・

スポンサーサイト
【 2006/07/30 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

夏休みが始まった・・・


夏休みが始まった。
息子は、学校の夏期講習、娘は、塾と受験を控えている子供達は、夏休みも忙しそう。
夏休みに入って、もうお弁当は、作らないでいいかな〜なんて思っていたら、息子が、雨模様の空模様を見て、「学校の夏期講習が終ってから、塾の夏期講習まで時間が空くけど、家に戻るのは、面倒だな〜。学校の自習室にいようかな。」なんていうものだから、慌ててあるもので弁当を作った。
このぶんだと、暫くは、お弁当作りが続きそうだ。

今日は、ジムで汗を流してきた。
帰り道、ひまわりの花が咲く道を通った。
梅雨空で、ひまわりの花もなんだか憂いをおびて見える。
梅雨明けが、長びいているから、気温もそんなに上がらず、江ノ島は、閑散としているらしい。
過ごしやすいけど、やっぱり、早く夏が来て欲しい。
【 2006/07/24 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

コリーヌ・ベイリー・レイのアルバム


のアルバムがリリースされます。
彼女は、イギリス出身新人シンガー・ソング・ライターの26歳。本国UKで2月にリリースされたデビュー・アルバムが圧倒的なセールスで、UKアルバム・チャート初登場1位を記録した人です。
J-POPを耳にすることが多い私は、洋楽ってちょっと・・と思っていたのですが、彼女の歌を聴いてみると、とても聴きやすいものでした。
昼さがりのちょっとした時間に、ひとりでリラックスしたい時、あるいは、一日の疲れを癒したい夜、BGMで流していてちょうどいい感じ。ソウルフルなヴォーカルが懐かしさまで感じます。

の声に触れたい方は、*URL http://intl.jp/sp/0607cbr/pb/まで。
彼女について詳しく知りたいかたは、 http://intl.jp/sp/0607cbr/pb/を訪れてみてくださいね。
 
【 2006/07/19 】 音楽 | TB(0) | CM(0)

夏休みの宿題

もうすぐ夏休み。
夏休みといえば、自由研究。ということで、娘は、もう夏休みの宿題の自由研究にとりかかっています。(気の早い娘だこと・・・)
テーマは、「お茶の入れ方」で日本茶をいろいろいれては、私のところに持ってきて、「どれが香りがいい?味がいい?」といろいろ聞かれています。
最近では、ペットボトルのお茶の方が便利なので、ペットボトルのお茶を口にする機会も多いけれど、やっぱり、人に入れてもらうお茶は、いいですね。
なんかぬくもりがあって・・
娘がいろいろ入れたお茶のデーターが集まったら、どのように入れたら美味しいのか教えてもらわなくっちゃ〜と思っています。
【 2006/07/17 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

(;´д`)ゞ アチィー!!

この2,3日、本当に(;´д`)ゞ アチィー!!
今日も、朝からなんだかム〜っとした湿度の高い空気。だいぶ暑くなりそう。
昨日は、娘の3者面談があって学校に出かけてきました。
娘の学校の様子から話が始まって、先生が、「学校では、誰とでも打ち解けて、上手くやっていますよ。いい雰囲気ですよ。特に問題は、見当たりませんが、ご家庭では、いかがですか?」と聞かれて、私は、正直に「家では、もう少し母親に優しくなって欲しいですね。」と答えてしまったものだから、先生は、「家の事は、そちらで上手くやってくださいね。」という素気ない返事が返ってきてしまった。正直に言うんじゃなかった・・・
それにしても、娘は、ちょっと生意気かも〜。
私の事を、「お母さん」では、なく、「マァちゃん」とか「マァ」とか「おかぁ」とか呼ぶ。
たまには、「お母様」って呼んでくれないかな。でも、それもちょっと気持ち悪いかもしれないけど。

昨日の夕方、息子が、学校から帰って来て一言、「この家、外より暑いよ。エアコンいれてよ〜。」
Σ('◇'*)エェッ!?外より(;´д`)ゞ アチィー家だって???
慌ててエアコンのスイッチをいれたけど、本当かな?
その暑さ、今日も続きそうです。
【 2006/07/15 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

サンセベリアの花


サンセベリアの花が咲きました。
どんな花が咲くのかとても期待しながらこの日を待ったという感じです。
花芽らしきものが土の中から頭を覗かせてから一ヶ月くらいかかったかもしれません。
花は、夕方から咲き、朝には、閉じてしまいます。ということは、夜行性?植物には、こういう表現が正しいのかわかりませんが。
花が咲くと、甘い香りがします。どんな香りかというと、やっぱり植物の甘い香りでお菓子のような甘い香りでは、ありません。
うちで栽培するようになって数年。何故、今年になって咲いたのかは、わかりませんが、昨年から、暖かい時期は、室内ではなくバルコニーに置いています。
太陽光線は、やはり大事なのでしょうか・・・
【 2006/07/10 】 ガーデニング | TB(0) | CM(0)

サンセベリアの花がもうすぐ咲きそう♪


TVでマイナスイオンをたくさん発生する植物として紹介されていたサンセベリア。それを見て欲しくなって近所のハックのお花のところで鉢を見つけて購入してから、4年くらいになるかな〜。
一昨年までは、部屋のインテリアとして年中室内に置いていたのですが、去年から、暖かい季節は、室内に植木鉢を置くのをすべて止めてバルコニーに置くことにしました。
そして今年も、暖かくなった5月頃から、このサンセベリアをバルコニーに置いていたら、今年は、少し様子が違って、花芽らしきものが、出てきました。
どんな花が咲くのか凄く期待していたんだけれど、どうも、蕾の色が、薄緑のままなのです。このまま、薄緑の花が咲くのかな?
蕾がひらくまであと少し。花びらが色づかないかな〜。
【 2006/07/09 】 ガーデニング | TB(0) | CM(0)

映画『ジャンプ!ボーイズ』の試写会に行ってきました♪


『ジャンプ!ボーイズ』・・・7人の小さな体操選手とコーチのドキュメンタリー映画です。
映画は、台湾の小学生+幼稚園生=笑顔の可愛い体操強化選手7人の自己紹介から始まります。表情があどけなく、幼さが残る見た目は、ごく普通の男の子達。でも、体操をすると凄いというか凄すぎる演技を見せてくれます。それは、コーチとの毎日の厳しいトレーニングの結果なのです。
コーチとの1対1で行うストレッチは、ただのストレッチではなくて、とても厳しいもの。なかには、痛くて涙を流してしまう子もいます。
大会の金メダルを目指しているから特訓の厳しさも半端じゃない。
涙を流しながら頑張る子供達。それを見ていてちょっぴり可愛そうな気もするけど、悲壮感は、全く感じさせない。何故なら皆、夢を持って頑張っているから。
人間の心は、そんなに弱いものじゃないんだって教えてくれるし、夢をもって頑張る事の大切さを感じさせてくれる。
子供達の親もそんな子供達を暖かく周囲から暖かく見守っている。
映画に流れるBGMは、とても楽しいリズムで子供達の明るい表情や動きに効果を与えてくれています。
2005年、台湾でドキュメント映画として大ヒットを記録した映画です。
金馬賞ドキュメンタリー映画部門最優秀賞受賞
http://www.jumpboys.net/
【 2006/07/05 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

AERA通巻1000号特別記念イベント


昨日、『AERA通巻1000号特別記念イベント』があって有楽町まで足を伸ばしてきました。
「起業時代のライフスタイル」というテーマで、藤田晋さん、(サイバーエージェント社長)経沢香保子さん(トレンダー社長)と市村友一さん(AERA編集長)のトークで始まりました。
藤田さんは、TVで何度か拝見していて、今の時代を生きている人というイメージがありましたが、実際にお話を聞いていると、二人とも情熱は、内に秘めているもののざっくばらんな感じ。
本題の話も面白かったのですが、司会の方が藤田さんに「LIVE DOOR元社長の堀江さんとも親交があるそうですが、堀江さんは、今、どうしていらっしゃいますか?」という質問に「裁判を今、背負っていますが、人間的には、丸くなりましたよ。」といった話や、「馬とフェラーリを買うと社長は、だめになると言われて買わないようにしています。」と言う藤田さんに「堀江さんは、馬を持ってましたね。」といった突っ込みのほうが、印象に残っています。
藤田社長の一番辛かったときというのは、会社が大きくなって180億という資産ができた時に、会社の時価総額が90億といった状態になり、村上ファンドの村上さんに買収されそうになった時だそうです。そのことは、本にも書いていらっしゃるとか。
二人とも26歳で社長になられたけれど、とてもポジティブ。でもその裏には、やっぱりいろんなことがあるのでしょう。
経沢さんは、働く女性の味方。
男社会だった日本の社会。しかし、消費するのは、女性が大半ということで、ものを作っていく男性の目とそれを消費する女性の目のギャップを埋められないかとやっていくうちに社長になられたとか。
藤田さんは、社長になることを目指したのではなく、20世紀のホンダやSONYのように大きな会社を作りたかったそうです。
頼もしい2人にエールを送りたいと思います。
【 2006/07/02 】 東京 | TB(0) | CM(0)